自分も知らず知らず冷たい世間の一部分

解雇が多い時代になってきました。

解雇される側の言い分も
ごもっともですが、
厳しく言ってしまえば、
彼らを雇い続けても
その会社が生き残れるほどの
努力や提案、改革をしようとした人は少ないと思います。

人は「買い手側」になると、
とたんに横柄(おうへい)になりがちです。

これは営業を経験した方は、
とてもよく感じるはずです。

でもまあ、売り込みのセールスマンに対し、
平気で横柄になったり、
厳しい対応になるのは
当然といえば当然です。

それでも、
そういった常識?を忘れて、
賃上げしたい時や、
雇用を継続させたい時に、
「押し売り営業マン」顔負けの、
無茶苦茶な理論で
雇用者へ自分を売り込む人もいます。

時には脅迫じみた売り込みもありますから。。。。
普通のセールスマンが同じ感じでやったら、
即座に逮捕ですよ。

世間や世の中の冷たさを
嘆く人は多いですが、
みな知らず知らず
冷たい世間の一部分に
なってしまっているのは事実。

死んでいく会社や
死んでいく商品には目もくれず、
必死の売込みも
「そんなの必要ない」
「(買う)価値はゼロ」と、
何の感情も痛めずに
通りすぎてきたのに、
いざ「自分事」になると、
「世の中はなんて冷たいんだ・・・」
「会社はなんて冷たいんだ・・・」
と感情的に。

そういうのを見ていて、
きっと貴方の方が、
冷たい時は冷たいと思いますよ。
と言いたくなってしまう事も多々あります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました