情報は魔法

魔法使いといえば、
空想の世界での話し。

でも現代の世にも魔法使いは存在します。

口コミを媒体とするマーケティングでは、
オピニオンリーダーと呼ばれる
人物が主役になります。

その先導する力を持ったオピニオンリーダーは、
まるでモンスターを操る魔法使いのように
人の思考や行動に影響を及ぼします。

例えば・・・・

モデルさんが、インタビューで
「このブランドにハマってる」と発言すると、
翌日売り上げが驚くほど増えたり。

ある大会で優勝したスポーツ選手が
健康ドリンクを飲んでる事が知られると、
その年のそのドリンクの売り上げが異様に伸びたり。

ある知識人が、
ある政党を批判すると、
支持率が下がったり。

そんな風に
オピニオンリーダーによって
発せられた情報は、
世の中を動かす魔力を持っています。

ただ、魔法使いというと、
トクしている感じですけど、
オピニオンリーダーは、
努力によって、そのポジションを獲得・維持してます。

これらは大きい例ですが、
プライベートでも、
「あの人が言うなら・・・」
と影響を与えてくる
プチ魔法使いが周りにいるはず。

僕も本や映画、
音楽を買う時は、
センスを信頼している人を
参考にします。

逆を言えば同じ本を薦められても、
あまり認めていない人からだと
見向きもしないかも。

情報は魔法ですが、
同じ内容でも、
それを発する人のレベルによって
伝わったり伝わらなかったり。

「なんで、お前は分からないんだ!」 と
苛立つことってあると思いますが・・・・。

時に胸を手に当てて考えてみる。

「自分」は相手にとって、
影響を与えられる程の人間に見られているか?

それは日ごろの行いが影響します。

遅刻魔に道徳について語られても、
口ばかりで責任を負わない人に怒られても
特定の仕事にしか「やる気」にならない人に「やる気を出せ」と言われても、
普段ネガティブな人に「ポジティブに考えようよ!」と言われても、
心に響かないもんです。

日ごろの小さな行動が、
あなたの「魔力」のレベルを決めます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました