マーケティングの意味

グロウニッチはWEBマーケティング会社なのですが、
そもそもマーケティングって何!?
って思いませんか?

今までいろーーーんな人が説明してくれたのですが、
自分の中で消化するまでに時間が掛かりました。

「マーケティングは営業だよ」
「マーケティングは広告でしょ」
「マーケティングはリサーチでしょ」

もう頭は混乱・・・・・・

初歩的な事なのかもしれませんが、
上司に聞けば聞くほど混乱しました。

その上司が、
マーケティングって言葉を理解して、
マーケティングを名乗ってるのかな??
そんな不安さえ過ぎるありさま。

ああ、なるほど、と思えたのは、
WEB上で見つけた簡潔な説明。
マーケティングは売れる仕組みづくりという説明でした。

でもまあ、
ちょっと幅広すぎますよね。

ここから、僕の解釈が続くのですが、

マーケティングは
マーケット(市場)+ing(現在進行形)なので、
市場を作り続ける作業

市場というのは、
買う目的の人が集まる場所であり、
売る目的の人が集まる場所です。

要は場所が無かろうが、
バーチャルな世界だろうが、
視覚化できなくても
売る人と買う人が遭遇する機会を作る事ができれば、
マーケティングと言えるのだという把握です。

となると・・・

もし、意図的に
目の前でアイスを食べて、
「買いたい!」と思わせようとするのであれば、
それはマーケティング。

アイスが買いたいから、
「下落合に行こう!」
と、思わせようとするのであれば、
それもマーケティング。

まずは「こんな商品があるんですよ」と知ってもらう為に、
広告もするだろうし、

ちゃんと商品の良さを知ってもらいたいから、
営業も掛けるだろうし、

それらは当然お金が掛かる作業だから、
狙うターゲットにズレが無いように
リサーチもするんです。

結局、マーケティングという言葉は
本当に幅広い。

ただ、何かを売りたい時、
その売り物に必要性を感じない相手は、
どんな努力しても買ってくれません。

強要せず、
みずから望んで買うように仕向けるのも
マーケティングといえるのでしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました