ラスベガスをぶっつぶせ!

「ラスベガスをぶっつぶせ!」という映画をDVDで見ました。 

ジョニーデップの名映画の
「ラスベガスをやっつけろ!」ではありません。
高い確率で同じコピーライターが邦題作ってるんでしょうね。。。

どんな内容か、といえば、
ブラックジャックで「カウンティング」と呼ばれる方法で、
ボロ儲けする、マサチューセッツ工科大学の学生の話し。

外国に住んでいる親友で、
カウンティングをすれば、
ギャンブルとしての面白みが無くなるぐらい、
負けない、と聞いた事があります。

それを計算の天才達がやるのだから、
ボロ儲けしてしまうのでしょう。 
実際にあった話しらしいです。

映画の面白みは、
まあまあですが、
映画の中の会話で、
こんなやり取りがありました。

「Googleに就職が決まったから一人欠員が出た」
「なんで、そんな儲かるのにやめるのか?」
「だって、あのGoogleだぞ。比べるのも馬鹿げている」

アメリカの映画は、
その時代の情勢や文化が、
ジョークや一般的な意見として
盛り込まれるから面白い。

職業柄、その台詞にフォーカスしてしまいました。
やっぱりGoogle凄いんだなー、と。
(自分はメディアや映画や本に簡単に洗脳されそうです。)

個人的には、「ラスベガスをやっつけろ!」の方が面白いですね。
両方とも私には一生関わらないような内容ですが、
ラスベガスは観光で、いつか行きたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました