ものごとを伝える時の覚悟

ものごとを伝える、と覚悟した瞬間。

それは、ものすごーーーーーく
大変な思いをする覚悟をしなきゃなりません。

言葉というのは便利そうで、
意外と融通が利かない。

「してみせて 言って聞かせて させてみる」や
「やってみせ 言って聞かせ させてみて 褒めてやらねば 人は動かじ」
といった名言が日本の歴史では残っています。

そんな毎回毎回できないとは思いますが、
相手に伝わらない事を諦める前に、
やっぱり、「こうやってやるんだよ」という
面倒を買って出なきゃ伝わらない。

逆に「こうやって伝えてくれなきゃ困るなぁ」という時も、
伝え方の見本をまず見せなきゃダメなんですよね。
「今回は俺がやるから見ててね」とか。

とにもかくにも教えたり伝えたりは時間が掛かるので、
色々追い込まれていたり、時間が無い時は難しい。

でも、ここは伝えるぞ!
という時は気合で乗り切る!

分かってくれない相手を責めてちゃダメなんだと思います。

どーすれば伝わるんだろう?

これ凄い大事。

コメント

タイトルとURLをコピーしました