下手くそでも良いから情報発信を

意味があるような無いようなブログ。

つまらない。
自己満足。
すぐ飽きる。
続けるのが面倒くさい。

など、様々なネガティブなイメージがある人もいると思います。

でも、日本人のコミュニケーション下手の根本は、
アウトプットの下手さ、だと思います。

あまりにも自分を表現しない人は、
相手から『得体の知れない人』になってしまう人も多い。

何かあるとマメに会いに行ったり、
電話やメールで連絡をマメにする人って、
やっぱり『分かりやすい人』だと思うんです。

多少、クセがある人でも、
『分かりやすい人』の方が、
何かを頼みやすいように、
『分かりやすい人』の方が、
仕事を与えやすい=(イコール)出世しやすい。

なかなか、忙しくて、そうマメに出来ない人でも、
誰でも見れるブログなどで何かを表現するのも
1つの『自分を理解させる』方法です。

人間って、『相手の新しい情報をどれだけ知っているか』、で
『親近感』が、日々・毎時間、変わるんですよ。

『親近感』を濫用すれば、癒着(ゆちゃく)や談合、酷いと詐欺などに発展し、
『親近感』を活用すれば、人脈や口コミなどに発展する。
どちらにしても、人間心理という数値化できない部分での影響力があります。

ブログ程度では、さほど影響力は
無いかもしれません。

でも、情報を発信し続ければ、
全員じゃなくても、一部の人に
自分に『親近感』を感じさせる
チャンスはあります。

それに、これだけ簡単に書き込めて
情報発信できるツールです。
使わなきゃ、やっぱり損だと思いますよね。

私の場合は、あまり面白いブログは書けませんが、
何でもない事をどうやって伝えるか、とか
文章表現とか勉強になるので、
今、ブログを継続しているというのが強いです。

早い話しが学生時代にもっと真面目に
勉強してれば良かったんですけどね(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました