レッド・ツェッペリンが初期の頃は「時代遅れ」だって!?

デビュー当時のレッド・ツェッペリンは知りませんが、

1970年代の当時としては音楽性もパフォーマンスも斬新だったろうし、

いまだに世界中のミュージシャンがリスペクトするアーティストで、

音楽シーンへの影響力ははかりしれません。

 

でも、そんな彼らでも、

これからと言うときに、

「時代遅れ」だと言われてるんですよね。

 

その酷評で「なにくそーー!」と、変わっていったのか、

そもそも、評価する人の能力不足だったのか、

たまたま運よく独創性を身につける機会に恵まれたのか。

 

それらはよく分かりませんが、酷評の後に

とにかく世界トップのアーティストになったわけです。

 

でも、「時代遅れ」とかって一番キツい評価ですよね。

要は「音楽性がダサいよ」と全面否定されているようなもの。

 

他人の評価ってグサッと来る事もあります。

他人の評価を素直に耳を傾けれない人は人間失格ですが、

他人の評価ばかり気にして自分の意志を貫けないのも優柔不断。

 

バランスはどちらに偏っても批判する人は必ずいるんですけど、

だからって自分の意志を優先した場合は「結果」が必要不可欠。

 

記事:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091218-00000085-jij-ent

コメント

タイトルとURLをコピーしました