カンブリア宮殿を見て

カンブリア宮殿を見ていたら、

若き中国人経営者とインド人経営者らが出ていました。

彼らの意見としては、

日本の良い部分と悪い部分の割合は、

8:2もしくは9:2。

急成長中の彼らにしては随分と高評価と感じました。

悪い部分は、

若い人にチャンスを与えていない。

様々な意見・価値観を認めない。など。

急成長の頃と比べて

守るものが出来てしまい、

保守的な文化になってしまっているのかもしれません。

若い人にチャンスを与えない、というのは、

引き継ぐ余裕が無いほど、ギリギリなところで経営している現状がうかがえます。

様々な意見・価値観を認めない、というのは、

こうじゃなきゃダメだ、こうあるべきだ、が強すぎるという事。

結局、新しい発想は育つ前に潰される。

テレビに出ていた外国人経営者は、

それでも、日本人は優れている。と。

ただ、失敗を恐れずにイケイケになっている発展途上国の

良い部分を吸収する意欲が足りないと指摘。

重箱の隅をつつく形で責め合ってイチイチ政権が変わる現状では、

なかなか外に目を向けられないのかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました