レーシック③

視力回復のレーシックの感想は・・・ 

恥ずかしながら、ちょっとばかりパニクったタイミングがあったのですが、
(もちろん大声で叫んだり、とか、暴れたりとか、ではありませんよ。)

それは、フラップ作成(角膜に切り目を付ける?)後、
目の前は真っ白(視覚的に)になって、
看護婦さんに手で引いてもらって手術室Bへ移動する時。

あまり見えない状況には慣れっこでしたが、
完全に見えない状況は本気で焦りました。

「次の手術室で元に戻らなかったらどーなるの?」
っていうぐらい焦りました。(心の中で)

しかし、手術は数秒、作業自体も数分で
テキパキ進む現場では、
そんな焦りなんておかまいなしに、
ベルトコンベア状態で流れ作業。

ある意味、そのおかげで、
失敗なんてありえない雰囲気もあり、
妙な安心感もありました。

次の手術室でフラップを剥すと、
目に灯りが当たるのを感じますが、
雨の日の窓ガラスのように、
何かうごめくのは分かるのですが、
最高レベルのぼやけ度。

赤いぼやけた光のレーザーを使って
目を手術すると、
髪が焦げるような匂いがし、
正に目の前で何かが行われているのに、
まったくよく分からない。

ここでも数秒で終わり、フラップを取り付け終了。

すると視力は既に回復し、はっきりと見える状態に。

目が本格的に痛いのは術後、
30分ぐらいで麻酔が切れて
そこから2時間程度。

どれくらい痛いか、というと
タマネギを切っている時の痛さぐらいですかね。
そこまで大した痛さじゃないんですが、
2時間続けば、そりゃあ十分ストレスは感じます。
涙と目薬で目はぐちょぐちょです。

翌日には楽になり、1週間後の検診時には目がちょっと乾燥するな、という程度。

果たして、どれくらい回復したかは、また明日。

コメント

タイトルとURLをコピーしました